経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)

取引先の倒産の影響を受けて、自ら連鎖倒産に追い込まれる事態を防止し、経営の安定化を図るための共済制度です。

制度の特色

共済金の貸付け額は最高8,000万円
共済金の貸付け額は、回収困難となった売掛金債権等の額と掛金総額(前納掛金は除く)の10倍に相当する額のいずれか少ない額の範囲内(最高8,000万円)で契約者が請求した額です。
無担保、無保証人
共済金の貸付けは無担保、無保証人で受けられます。共済金の貸付けは無利子ですが、貸付額の10分の1に相当する額は掛金総額から控除されます。償還期間は5年(据置期間6ケ月を含む)で貸付元金について毎月均等償還です。
税法上の特典
掛金は税法上損金(法人の場合)または必要経費(個人事業者の場合)に算入できます。

加入できる方

加入できる方は、次の条件に該当する等の中小企業者で、引き続き1年以上事業を行っている中小企業者です。

  • ・ 従業員300人以下または資本金3億円以下の製造業・建設業・運輸業等の会社および個人
  • ・ 従業員100人以下または資本金1億円以下の卸売業の会社および個人
  • ・ 従業員100人以下または資本金5,000万円以下のサービス業の会社および個人
  • ・ 従業員50人以下または資本金5,000万円以下の小売業の会社および個人
  • ・ 企業組合および協業組合など